Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/omuraizar/www/satoshitakagi/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/omuraizar/www/satoshitakagi/wp-includes/plugin.php on line 571
ウルフギャング・ステーキハウス |

ウルフギャング・ステーキハウス

競馬仲間
絶賛募集中!!!
↓↓↓↓

友だち追加


応援よろしくお願いします。




みなさん、こんばんは。

先週土曜日に1~3月までの競馬収支が

非常に良かったので、

丸の内にあるウルフギャング・ステーキを食べに行きました!

数多くの著名人も訪れる名店です!

六本木の方は何度も行った事があるのですが、

丸の内は初です!

東京駅から歩いて明治生命館へ。

その前に・・・

丸の内を象徴する東京駅を眺めるために

あえての遠回り♪

IMG_5903

東京駅はいつも

暖かな明かりを灯しています。

僕のパワースポットです。

そしてウルフギャングステーキのある

明治生命館へ!

IMG_5958

厳かな雰囲気が漂っています。

中に入って地下に降りると・・・

IMG_5960

雰囲気が一変して

モダンでオシャレな感じに!

さすが高級ステーキハウス。

店にたどりつくまでも楽しませてくれます。

そなまま進むと

ようやく目的のウルフギャングステーキが!

IMG_5963

昨年12月にオープンしたというだけあって

非常にきれいな入口ですね。

そしていざ、入店!

まずは美人なお姉さまがお出迎えしてくれ、

席に案内してくれます。

入口から入ってすぐの席に案内されました。

IMG_5964

まずはビールでしょ!

ということでビールをごくり。

IMG_5965

こういう店で飲むビールはまた一段とおいしいです。

心なしか基本猫背の僕も

背筋が伸びている気がします。笑

そしていざステーキを注文します!

僕「プライムステーキをお願いします。」

店「焼き加減はいかがなさいますか?」

僕「(きたきた)ミディアムレアで!(ドヤァっ!)」

店「かしこまりました。」

この「焼き加減はいかがなさいますか?」

っていうのはいつも試されている気がします。笑

そして、このやり取りに

俺も大人になったな~

と感じる一幕でもあります。

ここで僕が大人になったな~

と思うフレーズを3点挙げますね。

・とりあえず生で!

・ミディアムレアで!

・レギュラー満タンで!

こんなラインナップになっています。

もちろん全部ドヤ顔で言いますw

どうでもいいですね。

とにかく

こういうお店に行ったことのない方

特に女性と行こうと思っている方は

このあたりはしっかり受け答えできると

スマートに見えて女受けばっちりですよ!

知らんけど。笑

そしていざ本丸のステーキの登場です!!!

IMG_5971

うひょ~~~

と思わず声をあげたくなる一品!

溢れだす肉汁!

それに合わせて溢れ出す我が唾液!

断面はこんな感じ。

IMG_5970

ドーン!

この赤身たまんねーぜ!!!

もうね。

この店クラスの肉になってくるとですね。

素材の味で十分おいしいのです。

また噛み応えも抜群でなんですよ!

どれくらい抜群かというとですね・・・

僕の歯の矯正器具が悲鳴を挙げちゃうレベルですね。

そして一口頂いたタイミングでワインに移行します。

ここもドヤ顔でお店の方に

「シラーで!」

と注文しました。

ワインもですね

カベルネソーヴィニョンとかメルローとか

いろいろあるんですけどね、

中でもこのシラーっていうのは・・・

はい。

完全にしったかなので事故る前に

自重させていただきますね。

男性人はこういうワインに詳しいと

女性にモテると思いますよ。

なんだかこういう高級店だといつもより

酔いが早く回る気がします。

お肉をおいしくいただいた後は

デザートを頂きます。

IMG_5967

いや~満足です。

お会計はテーブルで行います。

IMG_5968

二人で合計28,155円でした。

思ったより安かったです。

ごちそうさまでした。

店の外に出ると右川に階段がありました。

登ってみると・・・

IMG_5969

なんかすごいのありました。

というか、最初入口間違ったみたいです。

ここからだとすぐに建物の外に出られました。。。

東京ダンジョンは福岡出身の僕には

まだまだ難しいです。

そんな感じでした。

ぜひみなさんも一度行ってみてください。

めっちゃおいしいですよ!

そうそう、お客さんの中に

脳科学者の茂木健一郎さんがいましたよ。

おわり


関連記事:

ステーキみその

無料競馬メルマガ『超絶馬券倶楽部』

ここで学べば、あなたも

こういうお店にすぐに通えるようになりますよ。




応援よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>