【菊花賞予想2016】ディーマジェスティVSサトノダイヤモンド

競馬仲間
絶賛募集中!!!
↓↓↓↓

友だち追加

kikka-syou

本日は3歳牡馬クラシック路線の最終章の菊花賞になります。菊花賞と言えばかつてはダンスインザダーク産駒や血統にリアルシャダイを持っている人気薄が穴をあけまくっていたのは懐かしい話ですね。僕が競馬を始めた年の菊花賞はダンスインザダーク産駒のスリーロールスとフォゲッタブルのワンツーでした。

菊花賞はどんなレースなのか?

懐かしい話は置いておいて、話を今年の菊花賞に戻します。
菊花賞は京都の芝3000mという特殊なコースで行われます。坂を2回駆け上がる非常にタフなレースなので、スピードの持続力やタフネスさが求められるということでダンスインザダーク産駒や上記のロベルト系リアルシャダイの血を持つ馬が活躍していました。当時の菊花賞は毎年のように大荒れでした。
しかし、オルフェーヴルの年あたりからレースの傾向が変わってきました。菊花賞もも他の普通のレース同様、最後の直線勝負になることが多くなってきました。というのも、現代を代表する種牡馬であるディープインパクト産駒がそのようなレースが得意だからです。
というわけで、菊花賞は最後の直線までいかに体力を温存し末脚を発揮させるかが非常に大事なレースと言えます。

とはいえとはいえ、いまだにディープ産駒が菊花賞未勝利なのは興味深いところです。みなさんご存知な通り、ディープインパクト産駒のトップクラスの馬(G1を複数勝っている馬)は牝馬にしか存在していないくらいディープ牡馬がしょぼいからです!

しかし!

今年は様相が変わって、ディープ産駒の牡馬は歴代最強クラスの馬が出てきました!そうです。マカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティの3頭です。今年の菊花賞にはどのサトノダイヤモンドとディーマジェスティが出走します!!!

ジンクスを覆すのは果たしてどっちだ!!!

菊花賞予想

前置きが長くなってすみません。
早速ですが、菊花賞の予想をいってみましょう!

◎ディーマジェスティ
〇サトノダイヤモンド
▲ウムブルフ
△レッドエルディスト
△ミッキーロケット
△カフジプリンス

勝つのはディーマジェスティ。前走のセントライト記念は馬なりで3コーナーから進出して他の馬が追い付いてくるのを待ってからゴーサイン。着差以上の完勝で実力の高さをアピールしました。関東馬の最後の菊花賞勝利は2002年のマンハッタンカフェまでさかのぼりますが、その時の鞍上も蛯名さんでした。ディーマジェスティが菊花賞と有馬記念をぶち抜きます!

相手にはサトノダイヤモンド。これまで皐月賞3着、ダービー2着と世代屈指の能力を持っています。枠もいいところを引きました。ただ、G1のサトノとルメールは割引が必要です。前走もミッキーロケットにあわやという場面もあり、夏に成長しているかと言えば微妙な感じがしています。頭はない。

あとの馬は来そうなところを選んでみました。正直、ディーマとサトイモ以外を買う気はありませんが、他の馬を選ぶとしたらこの馬を選ぶというものにしました。

皐月賞はディープのワンツースリー(ディーマ-マカヒキ-サトイモ)
ダービーもディープのワンツースリー(マカヒキ-サトイモ-ディーマ)
菊花賞は・・・

レースが楽しみです!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>