Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/omuraizar/www/satoshitakagi/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/omuraizar/www/satoshitakagi/wp-includes/plugin.php on line 571
【皐月賞】リオンディーズ・マカヒキ・サトノダイヤモンドが激突! |

【2016年皐月賞】リオンディーズ・マカヒキ・サトノダイヤモンドが遂に激突!

競馬仲間
絶賛募集中!!!
↓↓↓↓

友だち追加

今週はいよいよ皐月賞です!!!

リオンディーズ

マカヒキ

サトノダイヤモンド

がおそらく3強を形成すると思われます。

ただ、外回りの桜花賞と違って

小回り中山の2000mはまぎれが生じるので

実力以上の「適正」が問われるレースになると思っています!

皐月賞はディープインパクト産駒にとっては鬼門で

これまで最高着順が2着になっています。

したがって、ディープインパクト産駒のマカヒキ・サトノダイヤモンドは

割り引いて考える必要があるのかなと考えています。

逆に言えば、ここでマカヒキ・サトノダイヤモンドが勝った場合

東京の2400mのダービーは確勝だろうと思っています。

まずは弥生賞のおさらいです。

先行するリオンディーズを後方から進んでいたマカヒキがクビ差捉えて優勝しました。

弥生賞は12頭立てでしたが

本番は18頭立てになります。

マカヒキは外を回りましたが、本番もそんなにうまく外を回せるのかな?

というのは正直疑問です。

逆にリオンディーズは負けはしましたが

果敢に先行してクビ差までの負けなので十分V候補だと思っています。

なにせ、鞍上はデムーロですからね。

そして別路線組のサトノダイヤモンドですが

この馬は池江先生が

「皐月賞はマカヒキ・リオンの2強」

と泣いているので、かなり自信があるのではないかと思っています。

もう池江先生の泣きには騙されませんよ!

2013年宝塚記念:オルフェーヴル

池江「まだ状態が戻っていない」→2馬身差で優勝

2013年有馬記念:オルフェーヴル

池江「勝てる状態じゃない」→8馬身差で圧勝

しかもルメールがマカヒキよりもサトノダイヤモンドを選択しただけあって

かなりの逸材だと思われます。

果たして勝つのはどの馬か!?!?

僕は桜花賞同様3強で決まらないと思っています。

穴馬を調査中ですので

予想をお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>