Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/omuraizar/www/satoshitakagi/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/omuraizar/www/satoshitakagi/wp-includes/plugin.php on line 571
【有馬記念2016】注目の穴馬を徹底分析! |

【有馬記念2016】注目の穴馬を徹底分析!

競馬仲間
絶賛募集中!!!
↓↓↓↓

友だち追加

おはようございます。

競馬ブロガーのタカギです。

いよいよ有馬記念が明日に迫ってきました!

今日がクリスマスイブだと浮かれている暇が合ったらこのブログを読んですぐに有馬記念モードに移すべし!

注目穴馬徹底分析!

本日は昨日お届けした「有馬記念有力馬徹底分析」に続いて、タカギ的注目穴馬をご紹介!

それではさっそくいきやす。

■ヤマカツエース

%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%84%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b9

騎乗するのはオルフェーヴルの主戦を務めた池添謙一!G1ではかなり信頼できる騎手ですし、有馬記念は現役最多の3勝と相性抜群。そして今回、ヤマカツエースは池添騎手が狙っていた内枠(2枠4番)をゲット!公開枠順抽選会で池添騎手も思わずガッツポーズが出ましたね。

ヤマカツエースは今年重賞を2勝しており、1つが有馬記念と同じ舞台の中山競馬場で開催された中山金杯。このレースでは内枠を引いており、最後に力強く抜け出して快勝。有馬記念でも同じような競馬ができれば一発ある!

しかも前走が有馬記念穴馬製造レースの「金鯱賞」なのは大きなアドバンテージ。

これは完全に無視できない一頭と言えるはず!

【人気を落としている理由】

今年はG1宝塚記念と天皇賞(秋)に参戦して13着、15着と惨敗して人気を落としている。おそらくG1では足りない馬だと思われている。

しかし!

宝塚記念では大外17番で、馬場も状態が悪く後方からの競馬で力を出していない。天皇賞(秋)も7枠13番で外枠を引いて先行したけれど、流れが速く後方からの馬が上位に来たことから展開的に厳しかっただけ。

今回は内枠でおそらくスローになるので、好位で流れに乗れば本来の力をきっと出せる!

ぜひヤマカツエースにあなたの清き1票をよろしくお願いします!

■デニムアンドルビー

%e3%83%87%e3%83%8b%e3%83%a0%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%93%e3%83%bc

一昨年の宝塚記念2着から2年半ぶりのレースとなった前走の金鯱賞でメンバー最速の末脚を見せたデニムアンドルビーが有馬記念で復活を目指す!

金鯱賞では後方2番手から追走し、最後の直線でエンジン全開!!!と、思ったらまさかの内の馬が壁となって詰まるというね・・・泣

それでも上がり3Fが32.8で勝ち馬のヤマカツエースと0.5差なら悲観することはない!今回は距離延長で末脚が爆発するはず!

枠はコーナーを6回周る有馬記念では致命的と言える7枠14番ですが、もともとスタートが良くないので枠は関係ない!鞍上のバルザローナも金鯱賞で内が詰まったことから、外をぶん回して最後に突っ込んでくる展開を狙うはず。

有馬記念とリンクする宝塚記念で2着していることから適正はかなり高い!!!

【人気を落としている理由】

6歳牝馬、前走が2年半ぶりのレースで8着に敗れている、外枠が要因で人気を落としている。というか、人気になる要素はほぼないのに10番人気は逆に立派!笑

前走の上がり3ハロン32.8を見ればまだ馬は終わっちゃいない!この人気ならむしろ積極的に狙いたい穴馬だと僕は思っています。

明日はいよいよ有馬記念!

予想はだいぶ固まっています。

というか、すでに500円分馬券を購入しています。笑

ブログは明日の朝公開しますのでお楽しみに!!!

有馬記念関連記事はこちらから!

▼【有馬記念予想】ゴールドアクターが連覇する!

▼キタサンブラック、サトノダイヤモンドら上位人気馬徹底分析

▼クリスマスの有馬記念に波乱の歴史あり!

▼人と馬の織り成すドラマに人は涙する。!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>