【日本ダービー】リオンディーズ&デムーロが底力を見せる!

競馬仲間
絶賛募集中!!!
↓↓↓↓

友だち追加

2歳王者のリオンディーズは

デムーロとコンビで再び頂点を目指します。

デビューからわずか2戦。

日数にしてわずか29日で

朝日杯を制しG1馬となったリオンディーズ。

これはG1制覇史上最速タイの記録になります。

最後方から一気の追い込みを見せ

武豊騎手のエアスピネル含む

前馬を一気に呑み込みました!

そして

武豊騎手の全G1制覇の夢を打ち砕きました。

その破天荒さは兄エピファネイアを

彷彿とさせてくれます。

それでは4強紹介の最後は

リオンディーズになります。

リオンディーズ

リオンディーズ

父キングカメハメハ

母シーザリオ

【競走成績】

2歳新馬    1着

朝日杯FS(G1)  1着

弥生賞(G2)   2着

皐月賞(G1)   5着

東京芝2400mの神

リオンディーズの母はシーザリオで

兄のエピファネイアも

福永祐一が主戦を務めてきました。

シーザリオ、エピファネイアと主戦を務めた福永が

リオンディーズに乗るはずだったのですが

まさかの昨年10月の落馬負傷で

乗る事ができませんでした。

そこで白羽の矢が立ったのが

昨年からJRA所属になった

ミルコ・デムーロ騎手です。

リオンディーズは兄エピファネイア同様

気性に問題があり

潜在能力はおそらく4強でしょうが

そこが問題になっています。

実際に先行させた皐月賞では

3コーナー付近からかかってしまい

そのまま行ってしまった分

直線いっぱいになって

5着に敗れました。

デムーロ自身も

「皐月賞は下手に乗った」

とコメントを残すくらい

下手くそに乗ったみたいです。

そして、デムーロはリオンディーズの

折り合い面に全く不安を

感じていないそうです。

むしろしっかり折り合える自信を

その言葉からは感じました。

ダービーの舞台は東京の芝2400mです。

リオンディーズは

父キングカメハメハ

母シーザリオ

母父スペシャルウィーク

兄エピファネイア

と東京芝2400mの申し子のような血統です。

キングカメハメハは日本ダービー

シーザリオはオークス

スペシャルウィークは日本ダービーとジャパンカップ

エピファネイアはジャパンカップ

とそれぞれ東京の芝2400mのG1を

優勝しています。

したがって

リオンディーズは東京芝2400mが

一番力を発揮できる舞台になります!

最高の舞台で

東京芝2400mの神が降臨します!!!

最強のダービーまであと2日!

楽しみに待ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>