Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/omuraizar/www/satoshitakagi/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/omuraizar/www/satoshitakagi/wp-includes/plugin.php on line 571
秋華賞で手応えを掴んだ馬券テク |

秋華賞で手応えを掴んだ馬券テク

競馬仲間
絶賛募集中!!!
↓↓↓↓

友だち追加

vibros

秋華賞結果

みなさん、秋華賞はいかがでしたでしょうか?
秋華賞の結果は
1着ヴィブロス(3番人気)
2着パールコード(4番人気)
3着カイザーバル(8番人気)

僕は前々からジュエラー激押ししていて結果は4着と残念な結果に終わってしまいました。道中できっちり豊さんと蛯名さんに蓋をされて外に出すことができず末脚が爆発できませんでした・・・

一方勝ち馬のヴィブロスは好位から外に出して末脚を引き出す福永騎手の好騎乗が光りました。

2着のパールコードは京都芝2000mのヴィクトワールピサ産駒でかつ京都芝2000mの鬼川田で鉄板でした。

3着のカイザーバルも前走ローズSで好走していながら8番人気は舐められました。おそらく種牡馬のエンパイアメーカーが嫌われたのでしょうが、前日普通にエンパイアメーカーとかスマートストライクとか米国血統の馬が走っていたので十分買いでした。川田同様四位も京都芝2000mは得意でしたしね。僕は〇をつけていました。

で、1番人気のビッシュですが・・・
まったく見せ場もなく馬群に沈んでいきましたね。まあ、上位の馬が軒並み上がり33秒代を使っていたのに対応できなかったのが敗因でしょう。あのポジションは絶望的と言えるでしょう。

手応えを掴んだ馬券テク

レースですが、最後の200m前の時点で逃げるクロコスミアの脚が止まって、カイザーバルとパールコードが前目から伸びつつジュエラーが内から猛追してきて「三連複もろた!!!」と思ったら最後の200mでヴィブロスがものすごい脚で全頭交わしていって僕の馬券は紙くずとなってしまいました・・・

ただ、馬券の組み方としてはかなりよかったと思っています。

【秋華賞で実践した馬券術】
混戦だと判断したら三連複フォーメーションが有効だということが今回のレースでわかりました。
フォーメーションは

本命―相手―相手+5.6頭

で組む。

今回買った馬券は
2-8.9.15-3.4.7.8.9.10.15.16 18点
本命が馬券圏内にくれば、的中の可能性が高くなるし3列目に穴馬を拾えていれば高配当が期待できる。今回は穴馬ののカイザーバルを2列目にしていただけに悔やまれる・・・

この買い方はハマれば大穴を3列目で拾うことができるので、高配当が期待できます。いずれこの馬券でデカイあたりをゲットしたいと思います。

最近結果を残している馬券の組み方

僕が最近結果を出している馬券テクを②点紹介します。
特徴としては人気だろうが人気薄だろうが本命に選んだ馬にかなりの自信がある場合に実践しているものになります。

①人気薄を本命にした場合
人気薄(目安としては8番人気以下くらいの馬)を本命にしたら複勝と人気馬とのワイドで取りに行く馬券で結果を出しています。

例)セントウルステークス

本命:ラヴァーズポイント(9番人気・複勝オッズ下限7.0倍)

馬券:複勝800円、1番人気とのワイド400円
配当:11240円

なお、スプリンターズSは9番人気のソルヴェイグ(9番人気)を本命にして複勝をゲットしました!

②人気馬を本命にした場合
人気馬(1番人気)を本命にした場合は、馬連で中穴(6番人気位)を狙う。逆に6中穴を本目にした際は1番人気と絡める。これは予想というよりももはや法則。

例)京成杯AH

本命:ロードクエスト(1番人気)

馬券:6番人気馬(カフェブリリアント)との馬連500円
配当:11400円

これは宝塚記念でも本命は1番人気のドゥラメンテを本命にし、6番人気のマリアライトとの馬連をゲット!

こんな感じでどんどん新しい馬券力をアップしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>